PGSホームのリフォーム

防水工事

外観が立派であっても、上部などから雨が侵入してしまうと、内部から劣化してしまします。
防水工事の必要性や、防水工事の考え方などをお伝えした上で、現状に合った防水施工をご提案します。


【防水の寿命】

大体10年~15年となっています。しかし、工法や仕様、建物の環境や手入れによって、
寿命にはかなりの開きが出てきます。
20年~25年耐久するケースもあれば、10年もたないケースもあるため、
「今年で●年目だから」という考え方ではありません。
定期的な点検と、常に防水効果の状態を把握しすることが重要であり、
適切な時期に改修し、防水メンテナンスを行いましょう


【改修時期を見極めるポイント】

目地材の飛び出し、防水シートのめくれ、防水塗料の剥離など、
目視にて異常が確認出来る場合は、既に危険な状態です。
こうなる前に、プロによるしっかりとした診断をお奨めします。


【防水工事と外壁塗装のポイント】

防水の寿命と外壁塗装の寿命には差があります。
どちらも同じように劣化し、改修のタイミングが合えばベストですが、なかなかそうはいきません。

例えとして、10年目に足場を建て、塗装工事を行ったとします。
その5年後に再び足場を建て、ベランダの防水工事を行うとします。
これでは、足場代が2回かかり、コスト的に無駄になることはご理解頂けますでしょうか?
なので、劣化の差があったとしても、外壁塗装と防水工事は同時に行うことが、コスト的に最良です。



屋根工事

厳しい自然環境に晒される屋根。実は、住宅の中で最も傷みやすい場所です。
屋根の色が白っぽく色あせたり、トタンがサビ始めていたら要注意。


瓦、カラーベスト

とはいえ、屋根は住宅によって異なり、形状は様々です。
「自分の家の屋根は少し特殊だと思う」…など、ご心配なされている方はご安心ください。
PGSホームは、どんな屋根でもご要望に合わせ、工事可能となっていますので、お気軽にご相談ください。



外構工事

お家の悩みというのは、お家のみに留まりません。
「庭のスペースを駐車場にしたい」
「防犯対策をしたい」
という、お家の外の悩みというのもあるかと思います。
PGSホームでは、各種外構工事も承っていますので、ぜひ一度ご相談ください。

  • 最終更新:2015-11-12 15:16:45