スーパーチタンプロテクト

スーパーチタンプロテクト

【スーパーチタンプロテクト】

○5大特徴
①弾力性 塗膜は弾性を示し、ひび割れ、雨水の侵入を防ぐ
②透湿性 透湿性が高いため、内部結露の防止に役立つ
③防水効果 優れた防水効果で、雨水をシャットアウト
④防カビ・防藻 光触媒作用により、藻・カビの発生を抑え、微生物汚染から壁面を保護する
⑤低汚染性 酸化チタンの力で汚れを分解し、長期間美しい壁面を維持する


○他社の光触媒塗料との違い
柔軟性があるため、サイディングなど、メジ部・シーリング(コーキン)にも塗ることが可能。
タイル面のメジ部にも、光触媒作用が機能する。


○セシウム133をブロック
セシウム133(放射能の有無を除けば、放射性セシウム137と化学的性質は全く同じ)を溶かした液体に、
一般的な水性アクリルシリコン塗膜とスーパーチタンプロテクト塗膜を浸し、数時間後に取り出して乾燥させた試料を作成。
この試料にセシウムが残存しているかどうかを調べるために、大阪府立産業技術総合研究所に「蛍光X線分析」を依頼。
(大阪府立産業技術総合研究所 依頼試験報告書による 受付番号 平成23年度 02‐02703)HPに記載されている報告書の
「試験結果」の欄を見ると、アクリルシリコンの項に、「Cs(セシウム)を認める。」の文言が確認できる。
しかし、スーパーチタンプロテクトには、上記の文言はない。この結果から、アクリルシリコン塗膜は
セシウム(Cs)を吸着したのに対して、スーパーチタンプロテクトはセシウム(Cs)を寄せ付けなかったと考えられる…とのこと。


○空気清浄化能力
・表面を超親水性にして汚れ尾を防止
・UV九州機能を付加することで、下地の寿命を延長
・帯電性が低く、塵埃が付きにくい
・窒素酸化物を分解

上記のように、優れた空気浄化能力がある。
外壁面積1000㎡分で、ポプラの木60本分の窒素酸化物分解能力がある。
(ポプラの木1本当たり、0.57g(日)の浄化能力)

  • 最終更新:2015-12-07 15:16:46